2021.03.03更新

 

虎ノ門桜法律事務所の代表弁護士伊澤大輔です。

 

先日取材を受けまして、明日3月4日発売の週刊文春(2021年3月11日号)に私のコメントが掲載されます。

http://shukan.bunshun.jp/

 

皆様の期待を裏切って大変申し訳ありませんが、私が不祥事を起こして、文春砲の餌食になったわけではありません(笑)。

 

週刊誌

 

 

騒音トラブルに関する記事です。

 

誌面の関係があって、正確なコメントを掲載することはできなかったのですが、

 

騒音が受忍限度を超えるか否かの判断にあたっては、

 

単に音の大きさだけでなく、

・音の種類や発生頻度、

・影響の程度

・音を発生させる行為の公益上の必要性

・所在地の地域環境

・関係者同士で話し合われた内容・経緯

・騒音元の講じた防止措置の有無や内容

 

等を総合的に考慮して判断されることを補足しておきます。

 

 

 

 

 

投稿者: 弁護士伊澤大輔


SEARCH



CATEGORY