2020.01.23更新

虎ノ門桜法律事務所の代表弁護士伊澤大輔です。

 

お陰様で当事務所は開設から3年が経ち、この度、松﨑大樹弁護士を迎え、弁護士3名体制になりました。松﨑弁護士は昨年末に司法修習を終えたフットワークの良い若手弁護士です。

 

松崎写真

 

彼は、幼少期から高校卒業までサッカーに打ち込み、とにかく走り、泥臭く、体を張って相手にぶつかっていくプレースタイルで、チームに貢献しておりました。

 

一方で、将来については、目的もなく、無為な日々を過ごしていた時もあったようです。そんな時、クラス担任に、「お前は、ほかの人のようにだらだらと過ごして、内部の大学に進学したら、絶対に後悔するタイプだよ。今から本気になれば、大学受験間に合うからやってみたら。やる気があるんなら職員室で待っているから。」と声をかけられ、なんとなく、担任の言うことに心当たりがあり、発奮しました。

 

大学時代には、依頼人の境遇や感情を踏まえて、よりよい条件で和解しようと裁判所や相手方を必死に説得する先輩弁護士の話に魅了され、弁護士を志しました。

 

努力の結果が実り、また恩師や諸先輩方の励ましを受け、彼は、今日こうして、法律家としてのスタートラインに立つことができました。

 

彼は、「多くの挫折も経験したが、失敗を謙虚に受け止め、これを克服した先に、終わりのない成長があることや、チャレンジをしなければ、何も得ることができないことを学んだ。」と言います。

 

今度は、彼が多くの方々からいただいたご恩に報いる番です。

 

彼は、依頼者の方々や社会に貢献できる弁護士になるべく、これからも、自分に限界を設けることなく、チャレンジを続けて行くことを誓っております。

 

皆様、何とぞ、松﨑大樹弁護士のことを、よろしくお願い申し上げます。

 

 

投稿者: 弁護士伊澤大輔