代表弁護士伊澤大輔

Lawyer

ご挨拶

代表弁護士の伊澤大輔です。


弁護士になり、早くも17年が経ちました。これまで様々なご相談・ご依頼を受けましたが、一つ一つの事件について丁寧に資料を読み込み、文献や判例を納得がいくまで調査・分析し、真剣に取り組むことができました。妥協せず、悔いなく職務を遂行してこられたことに、幸せを感じております。

 

私は昨年まで企業法務を多く扱う法律事務所においてパートナーとして執務しておりました。事務所自体は弁護士数名の小さなものでしたが、大手法律事務所と競合し、契約書のレビューや法令のリサーチ、交渉、訴訟等を遂行してきました。事件処理の基本は、質とスピードであり、常に限られた時間の中で素早くリサーチをし、質の高い結果を出すことを心掛けてきました。

 

また、私は、“人を相手にする” 仕事が好きなため、企業からのご依頼だけでなく、個人の方の相談や依頼も積極的に受けて参りました。トラブルを解決するのに必要なことは、必ずしも法的解釈だけとは限りません。依頼者や相手方の感情を受けとめ、心を解きほぐすことも時には必要で、それも弁護士の重要な仕事の一つであると考えています。

 

弁護士の仕事は職人業です。事件に決して同じものはなく、解決方法もそれぞれ異なり、一つ一つがハンドメイドなのです。これからも自分の目の行き届く範囲で依頼を受け、責任をもって職務を遂行し、日々精進して参ります。

 

 

当事務所の特徴

迅速な事案処理

継続的に、グローバルな外資系企業の依頼も受けて参りましたが、そこでは、質問されたことは1時間以内にリサーチして正しい回答をすることが不文律でした。当事務所では、すべての案件において、同様の水準のリーガルサービスを心掛けております。

 

 交渉力の強さ

 日々、複数の損害保険会社の依頼による交渉案件を数多くこなしており、交渉で早期解決に導いております。また、長年、民暴委員を務めてきたため、ほかの弁護士があまり受けたがらない、暴力団やクレーマーなどを相手とする特殊な事件についても、物怖じしない交渉力の強さを持っています。

 

きめ細やかなリーガル・サービス

当事務所では、ネット集客等により処理能力を超えた多くの事案を受任し、画一的な事案処理をするようなことは一切しておりません。その分、一つ一つの事案にきめ細やかに対応し、クラアントに対し、より満足度の高いリーガル・サービスを提供することを理念としています。

これまで扱ってきた主な顧問先・依頼先企業の業種

各損害保険(交通事故、施設賠償責任等の火災新種)、生命保険、不動産、建設・建築、IT企業、電化製品メーカー、衣料品メーカー、外食産業、石油元売・販売、鉄鋼、運送、システム開発、人材派遣会社、太陽光発電等。

経歴

平成13年 弁護士登録(東京弁護士会所属、54期)
平成14年 霞が関パートナーズ法律事務所パートナー
東京弁護士会常議員
平成15年 民事介入暴力対策特別委員会委員(現職)
平成16年 一橋大学法科大学院学習アドバイザー
平成18年 暴力団追放運動推進都民センター相談委員
平成24年 同センター不当要求防止責任者講習講師
平成26年 民事介入暴力対策特別委員会副委員長
平成27年 大原学園横浜校の教育課程編成委員、学校関係者評価委員(現任)
平成29年 虎ノ門桜法律事務所開設

弁護士に相談するメリット

弁護士に相談する最大のメリットは、トラブルが起きてしまったとき、事態が悪化する前に、法的な見通しや、解決方法について適切なアドバイスを受けられることです。ご相談に来られる方の中には、素人的な対応を繰り返したことにより、事態がかなり悪化してからご相談に来られる方もいます。このようなときに私がいつも思うのは、もっと早くご相談いただければ有利な解決方法があったのに…ということです。法的な問題も病気と同じで予防が大切なことはもちろん、早期に適切な処置をとることが解決のためには重要です。ご相談いただければ、例えば、時機に応じて、相手方に対しどのような対応をするか、どのような証拠を残しておくべきかなど、適切なアドバイスをすることが可能です。手遅れの状態の場合、すでに解決が困難になってしまうこともあるのです。

弁護士というのは医師と違い身近に感じられないためか、なかなか相談しづらい…という方も多いようです。費用の不安もあるかと思いますが、私は初回相談を無料にしていますので、ほんの少し勇気を出して少しでも早くご相談いただくことをおすすめします。


また私の場合、受任しても法的解決の目処が立たなかったり、例え勝訴しても回収できずに費用倒れになるおそれがあるなど、依頼者の方の利益にならないと思った場合は、その旨を説明し、受任をお断りしております。 その点をきちんと見極めるために、受任前に、すべての資料を精査し、法的論点について文献や判例を調査することを心がけており、それを基に依頼者の方に事件の見通しや費用の説明をしています。私に事件を委任するかどうかについても、他の弁護士にセカンドオピニオンを求め、見積もりをとっていただいてからのご判断で構いません(むしろおすすめをしています)。
依頼者の方には、十分にご納得していただいてから、委任していただければと思っております。

事務所案内

虎ノ門桜法律事務所

所在地 〒105-0001
東京都港区虎ノ門3-22-1 虎ノ門桜ビル6F
TEL 03-6432-0965
電話受付時間 平日9:00~17:30受付

アクセス

地下鉄をご利用の場合
東京地下鉄日比谷線 神谷町駅3番出口より徒歩約4分
都営三田線 御成門駅A5番出口より徒歩約5分
近隣駐車場のご案内
当ビル前に、路上パーキング・スペースがあります。
※ご利用可能時間:9:00〜19:00(日祝を除く)
※料金:300円/60分以内(税込・平成29年11月現在)
 
 また、道を挟んで正面の愛宕グリーンヒルズMORIタワーに時間貸駐車場があります。

※ご利用可能時間:0:00~24:00(全日)
※料金:平日100円/15分(税込・平成28年12月現在)